【動画】少しおしゃべりをしましょう『やくざの子に生まれて』

私は、もうすぐ父が亡くなった歳になります。

あとほんの数年。

母が亡くなった歳から40年近く過ぎてしまいました。

今、この人生にも、なにか意味があったのだろうと思いたい。

数奇なこの人生を締めるために、この物語を描き上げました。

すべて終わった、そのあとは

人生の終活をして、風のように過ごし、

霧のように消えて土に帰っていきたいと思います。

それは、ネガティブな意味ではありません。

人生は祭りだと思っています。

一夜の夢だと思っています。

ありがとう「人生」ってところです。(^^)

私に人生という「旅」は、ジェットコースターで廻ったような旅でした。

YouTube動画を更新しました。

【動画】駅前食堂と『人生劇場』

今回は(いつも?)、R50の内容かもしれません。昭和をよく覚えている世代の方たちに見ていただきたいと思います。もちろん、ご興味のある若い方も是非どうぞ。

冒頭は、近況と終活についてのおしゃべりです。

 

YouTube動画は、ブログからのみ視聴できるように限定公開になっています。

幼いころ、父とふたりで駅前の大衆食堂によく行きました。

その時代の印象深い思い出と、そこからぼわっとした感覚……肌感覚で、少しずつ知り始めていた世の中の矛盾や混濁など、不都合な矛盾と真実に目を凝らすようになっていった時期です。