インプレッションが低いおススメされない動画の理由は……

インプレッションというもをご存じない方のために

私も、あまりうまく説明ができませんが、YouTubeインプレッションと検索するとこういう説明です。

インプレッションとは、YouTube上に動画のサムネイルが表示された回数のことです。 視聴者の画面にサムネイルが1秒以上表示されると1インプレッションとしてカウントされます。 またインプレッションとしてカウントされるには、視聴者の画面にサムネイルが半分以上表示されている必要があります。

私は、趣味のハンドメイド動画サイトと、今作品以外の執筆物に関してご紹介する動画サイトを持っています。

しかし、インプレッション数はとても低いです。

それには、心当たりがある理由がいくつかあります。

  1. ・動画が静止画や素材サイトからお借りした画像が多いこと。
  2. ・自分が登場して動いていないこと
  3. ・編集が下手なこと
  4. 内容がつまらないこと
  5. ・話が下手なこと
  6. ・興味を持つ人が劇的に少ないこと
  7. ・YouTubeサイドが、あまり拡散させたくない動画であること
  8. 見たくない動画である率が高いこと

Youtubeの場合、観たくないのに、お勧めにでてくる動画の場合、その動画を「この動画は好みではない」をクリックすると、お勧めに載らなくなります。中途半端なカテゴライズに入ると思うので、アウトロー動画を期待する人からも期待外れだし、家族や子育て、あるいは同世代の女性などからしても、お勧めに出てきても、パッと見て、スルーする動画に入るでしょう。どちらも誤解がありますが、サムネイルや説明欄は大切ですね。なかなか難しいです。

最初の頃から比べると、日を追うごとに少しずつ上がってはいますが、まだまだですね。

ちょっと話がだらだら長い、更新頻度が少ない

というのも理由として大きいかもしれません。

 

ただ、「公序良俗に反している」「暴力団関係者、反社会勢力関係者」ということで、注意チャンネルなのかなと、ふと被害妄想したことがあります。ありえなくもないかなとか思うと、これは、逆に差別になるんじゃないかとか(笑)。すでに両親は他界して30年以上たちます。

それは、そもそも妄想です。

実際、有名人の方で、そういう関連につながっている方や、ご家族にそういう方がいる方の動画などもありますし、Vシネ俳優さんたちの中には、今の時代、交友関係が言えない関係の方も、ゼロではなくいますがYouTubeは稼働しています。

さらに、宗教といえば幸福の科学の大川さんの息子さんのチャンネルも稼働しています。とても頭のいい方だなと思ってチャンネル登録しています。おちゃらけてる動画も多いですが、物事を理論立てて組み立てて整理するのがとてもお上手です。そして、人の感情を俯瞰で読む能力にもたけた方と思います。

 

宗教団体の幸福の科学のチャンネルもYouTubeにありますし、幸福の科学の幹部の方の個人チャンネルも人気がありますね。そこで、大川さんの団体についてYouTubeの規約をチェックしてみました。ポリシーについて書かれていることを文字面だけで読むと、「?」。

微妙に「ポリシー違反なの?」と思えなくもない記述があります。あいまいです。

したがって、私のチャンネルのインプレッション数値は、そういう理由ではないです。

結論から言うと

たぶん、「YouTubeが拡散させたくない動画」というわけではありません。

ただ、一般的に不快感を感じる可能性があるブラックな内容?という判断をAIがすれば、露出が劇的に少なくなる可能性もあります。「YouTube的に「あまり好まれてない動画であるという判断」というのはありそうです。

明るく、楽しく、美味しく、きれいに、かわいく、そして、人助け的な要素を全面に出しているか、かわいそうな動画、かわいそうだけど幸せになった人や動物の動画がYoutubeとは相性がいいです。

 

それから、サムネイルとタイトルでも大きく違うのだそうです。

しかし、釣りみたいなキャッチコピーを付けるのはまだまだ抵抗があったり、浮かばなかったりします。あくまで、内容に即したものを、使いたいと思うのです。それじゃ、ダメなんでしょうね(苦笑)

そんなに、ケタ外れに大々的にYouTubeを拡散する気はありません。

批判に負けてしまう気がしますから。

けれど、そこそこYouTubeで視聴数が伸びない動画なら、キンドル本も出しても読まれないだろうと思うのです。

 

キンドル本の出版の為に、作った動画チャンネルなので、もう少しくらいは伸びてほしいところですが、いつまでも、閲覧数100人も行かないようであれば、チャンネルは閉鎖しようと思います。

一切、ネットでの発信は停止して、静かに電子図書出版しようかなと。

もともとは、遺言書のようなつもりで書き始めたものです。

 

というわけですが……

とりあえず、

もう少しの間、様子を見て見ます。

 

昨日更新した動画です。『あの頃、私を支えてくれた本』

昨日、アップした動画です。よろしければご覧ください。

おすすめ: