最初の出版をずらそうかと考えている

この秋に出版予定だった本

私が体調を崩して39度以上の熱を出したり、その後も、ずっとなかなか体調が戻らず、寝たり起きたりの生活で秋を迎えてしまった。

その間、絵師さんへの依頼も一時停止していたり、なかなか思うように進まない。
依頼する予定の絵の枚数が多いが、一気に依頼できるほどの余裕もないので、毎月、ポツポツと依頼している。

挿絵についての考え方として

電子書籍を扱っているサイトを見ると(Amazonや楽天も含め)、紙の本ですでに著名だったりする人のものは別としても、どうも、コミックの表紙のような絵の小説が多い。
これは、今時の時流でもあるだろうし、また、今後はこういうアニメ風、コミック風の絵が、「絵の主流」となっていくのかもしれない。

それは、ひとそれぞれの考え方でもあるし、私自身も著作物の内容によって是であり否である。だから、その是か否かは、ケースバイケースだと思っている。

イラストは必要か?

「はたして、イラストをそんなに入れる必要があるのだろうか」

と、考えて迷いながら、絵師さんに発注している。

絵師さんが、変わるたびに、少しずつタッチが変わる。

なるべく、前任の絵師さんに似せた絵を描いてくれる人をお願いするのだが、やはり同じにはいかないところもある。優劣の話ではないけど、微妙に変わってくると、その画枠内の空気・温度、そこから見えてくる、その場面の後先のストーリーまで、温度が変わってくるのだ。

友人が言う。
「絵はいらないよ。邪魔」
「文字から、色や景色を想像できない小説なんてだめよ」
「読む人が、それを想像するから、より一層、物語の世界観にハマるんだから」
「絵を見なきゃ、想像できない文章なんてだめ、絵に頼らないで」

これは、大学で助教授している私の学生時代からの親友の考え方。

私たちの世代は、どちらかというと、この友人の意見に近い人のほうが多いかもしれない。私の書いたものなど、若い人は読まないだろうし、イラストはいらないのだろうか。

もう、ずっと悩んでいる。

別の小説を先に出版しようか……。

別の小説を先に出版しようかとも考えている。

あまりにも「色が付き過ぎる」「バイアスがかかりすぎる」そんな可能性のあるストーリーなので、最初に出すのは、このポップな物語にしようかとか。

気にし過ぎだろうか。

こういうバイアスは、常日頃から、何十年も、「白い目」あるいは、「絶対こうなはずという思い込みレッテル」というバイアスをかけられてきた身にとって、やはり、いささか慎重になるものだ。

先に出版しようかと考えている作品の挿絵も依頼中。

※上の理髪店のサインポールは、私が絵師さんに渡すために描いた下手な絵の一部。床屋の話。

こちらは、ある程度、誰にでも受け入れられそうな内容なので、イラストも若い女性の絵師さんで、素敵なイラストになっている。ポップな色使い。

この作品を先に、公開しようかとも考えている。

とはいえ、2冊目になっても、間をそれほど空けずに出版するつもりではいる。

まあ、そんなに考えなくてもいいのかな。

ちなみに、アイキャッチ画像は、絵師さんにお願いするときに、

私が説明用に描いた下手な絵。ある場面の構図。

【昭和のお話】編集ソフトの練習【ポッドキャスト配信中】

ポッドキャスト配信した音声を動画にしました。

この動画内容と関連した記事

動画はPCで編集しています。

初めて動画を編集したのは、Windowsにパックされてたムービーメーカーです。

ユーチューブチャンネルを開設してから、モバイル用動画編集アプリを使い始めました。

スマホでは完全に、目が無理です。

タブレットで動画編集アプリを使用していました。

しかし、今ではタブレットも目がきつくなってきて、動画編集はとても無理になってきました。

しばらく使わなかった、PC用映像編集ソフトを使い始めました。

だいぶ、目は楽になりました。

あらためて、動画編集ソフトの様々な機能をチェック!

色々、使ってみて実験的な動画も作ってみようと思っています。

 

 

一番の課題は、音声の調節です。

音量調節が、どうもうまくいきません。耳が遠くなっている気がします。

動画を視聴してくださってる方の聴こえ方と、私の耳での聴こえ方では音量が違う気がします。

どんどん、衰えてきています。

目や耳だけではありません。

ブラインドタッチも、最近は、指が重い気がします。

まだ、問題なく、サクサクとキーボードをたたくことはできますが、以前より誤打が多い気がします。

 

時間がないんだな

 

と、つくづく感じています。

 

今、住んでいる家に引っ越してきて10年になりますが、あっという間でした。

しかし、つぎの10年、私は生きているかどうか……。

たぶん、生きていないだろうと思います。

5年ってあっという間ですよね?

あと、5年も生きるかな?

 

そういう体調です。

 

今年は、どんどん発信していこうと思います。

 

湖畔の銃声と住職との交流

動画を更新【イラストができてきましたので・・・】

とても、素敵なイラストで気に入ってます。まだ出版前でしたが、しばらくの間、サムネイルに使わせてもらうことにしました。三人のシルエット、立ち位置、湖畔の先に、しらじらと夜が明け始め、水面に映るオレンジ色の空。

終戦から3~4年目のある明け方。ここいらへんから、本物の修羅の道を歩み始めます。

とても、抒情的な絵です。

自分が執筆した内容に出てくる、彼らの会話や、父を取り巻く当時の環境、人間模様、心情……。

執筆した私が見ても、すべてが、この絵から感じられます。

※ちなみに、この絵を希望して説明をするときに、私が描いたイラストは一番下にある下手なものです。

カテゴリー的に、敬遠されがちなチャンネルです。

それは、Vシネマ好きな方にとっては、まったく期待外れ。

そういう映画は好みじゃない、そういう人たちは(私も含め)、関わりたくない人にとっては、内容は関係なく、すでに、そのカテゴライズの存在そのもの、避けていきます。

このブログと連携している、日常のなにげない思考を時々書いているブログも、私の素性を書いて以後は、フォロアーさんもまったく、近寄らなくなりました。

これが現実です。

いずれ、ご紹介しますが、

「私は、やくざじゃない!」と、小学生の頃、取っ組み合いのけんかをしたことがあります。

私は、そういういじめには、メソメソしませんでした。

そのエピソードは、またいつか。

YouTube動画に出てくるお寺の住職とのエピソードは、こちらの記事で触れています。

 

動画をブログ内限定公開にしようか(まだ、迷っていますが)

ブログでは、解説も少しだけ書いて、アップしています。

そもそも、アクセス数もないので、ブログを読んで下さってる方たちが、

見てくれたほうがいいかもと思い始めています。